読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fran証券

 

 DWTI(4576)

 

第9回新株予約権

                未来からの留学生(エグゼクティブアナリスト)

 

 2017年2月8日。デ・ウエスタン・セラテピクス研究所は第9回新株予約権行使の完了に関するお知らせを開示。この日をもって2015年9月7日から始まった同社のエクイティファイナンスは25億円の資金調達という華々しい成功と共に幕を閉じた。

f:id:prespeculator:20170223025339p:plain

 行使可能期間は割当日(2015年9月7日)の翌日以降2年間。よって期限は今年の9月8日に迫っていた。上記はその対象期間のチャートである。2016年5月と2017年2月に株価は上昇。まずは前者の経緯を見ていく。材料は以下の通り。

 

2016年03月22日

 緑内障・高眼圧症治療剤「WP-1303(H-1129)」の国内第I相臨床試験開始並びにマイルストーン受領のお知らせ 

2016年04月14日

 緑内障治療剤「H-1337」の米国等における戦略的オプション付基本契約書締結の件

2016年05月09日

 当社子会社(日本革新創薬株式会社)の同志社大学からの実施許諾を受ける契約締結 のお知らせ

 そして、この期間の予約権行使は以下の通り。

f:id:prespeculator:20170223040223p:plain

 この時点で新株予約権総数34,000個の55.88%である19,000個の行使が完了していた。だが、それから8カ月間は好材料が一切ない。株価も同様一切動かない。この調整期間の仕上がりは目を見張るばかりだ。そして2017年2月にようやく残り半分を処理する上昇が起こる。その材料は以下の通り。

 

2017年02月02日

 緑内障治療剤「H-1129」の海外におけるオプションライセンス契約締結のお知らせ

 

 このたった1つの材料だけで2/8に高値765円を付けた。それに伴う予約権行使は以下の通り。

f:id:prespeculator:20170223064742p:plain

 これをもって先の19,000個と合わせ34,000個の行使が完了し、幕を閉じた第9回新株予約権。だが、同社の株価は2/17日の材料を受けて再び上昇。稀にみる大相場入りの様相を呈してきている。節目は昨年4/19日の883円。どんなチャートを描くのか楽しみだ。

 

                              2017年2月23日

                             未来からの留学生

 *1*2*3*4*5

 

 

 

*1:本レポートは投資その他の助言を目的とするものではありません。投資は自己判断でお願いします。

*2:また、本レポートは大学生が趣味で行っているものです。正確を期すよう心掛けておりますが、内容に誤り等ございましたら、ご連絡ください。大学生という身の上、そのようなご意見、ご指摘は忌憚なく頂戴したいと考えております。

*3:当社及び、当社アナリストはDWTIに対し、一切の利害関係を有しておりません。

*4:当社、Fran証券は架空の会社であり、当社は上記の情報に基づいた判断に一切の責任を負いません。

*5:本レポートの著作権twitterアカウント”未来からの留学生”に属します。そのため、本資料および本資料で提供している情報は、”未来からの留学生”の同意なしに再版、転載、販売および再配布することを禁じます。